• HOME
  • お問い合せ
  • プライバシーポリシー
  • リンク集
  • 会員専用サイト

新着情報・お知らせ

三重県板金工業組合ホームページの新着情報や活動報告をお知らせします

6月 11th, 2014

三重県板金工業組合(柳本武志理事長)は、平成26年5月14日と15日にかけて、「第66回全国建築板金業者 千葉大会」に32名が参加しました。

前日の14日早朝より新幹線にて上京し、横浜中華街にて昼食、移動して東京スカイツリー、浅草かっぱ橋道具街などを見学したのち、夜は屋形船の宴席にて隅田川から出船し東京湾の夜を堪能しました。

翌日15日は、敷地面積21万平方メートルを誇る複合コンベンション施設「幕張メッセ」(千葉県千葉市)にて、大会が開催されました。
午前8時から資材機械工具展示会(式典後も展示)がオープンし、午前9時に石本惣治全板連理事長らによるテープカットが行なわれ、次々に会場へ入場、三重県板組合員も全員入場です。
入場前に、千葉県マスコットキャラクター「チーバくん」と共に記念撮影をしました。

午前10時をもって大会の開会。
今大会は、4,000余名の参加者ということですから、過去に例を見ない規模の大会となりました。
来賓には、石破茂衆議院議員(建築板金業振興議員連盟会長)をはじめ多くの方々をお迎えしていました。
各都道府県理事長紹介では、恒例となった参加者一同の掛け声があり、三重県も参加者みんなの揃った掛け声で応えました。

式典では各種表彰も行なわれ、三重県板金工業組合からは、山下博氏(退任理事長へ感謝状)、福田洋氏(功労賞)、國保静馬氏(同)ほか健康家族表彰16名が授与されました。
また、青年部優秀活動組合表彰では、中部ブロック福井県板青年部の「銅板による甲冑制作」が受賞し、会場の一角に展示されていました。

終盤では、6つの大会宣言が会場万雷の拍手によって採択され、最後に、次回開催地である大分県板金工業組合が紹介され、閉会となりました。

名残惜しく大会会場をあとにして、歌舞伎座で自由行動のあと、各自新幹線で帰路へ。
行き会いましたみなさんと次回別府市での再会を約束して、千葉大会行程をすべて終了しました。
千葉県板金工業組合のみなさん、大変お世話になりました。また大分でお会いしましょう!

千葉大会へ参加のみなさん

千葉大会へ参加のみなさん

初日は新幹線からバス移動

初日は新幹線からバス移動

かっぱ橋道具街

かっぱ橋道具街

屋形船での前夜祭

屋形船での前夜祭

屋形船からのスカイツリー

屋形船からのスカイツリー

大会会場風景

大会会場風景

大会式典

大会式典

各組合紹介での掛け声

各組合紹介での掛け声

次回は大分県

次回は大分県

企業展示会場

企業展示会場

企業展示会場

企業展示会場

チーバくんのお弁当

チーバくんのお弁当

福井青年部の銅板甲冑

福井青年部の銅板甲冑

一覧に戻る
ページTOPへ
三重県板金工業組合
全日本板金工業組合連合